bonang_edited_edited_edited.png

爪哇回顧録 20

雨季の昼下がりのこと。

温度がグッと下がる土砂降りの雨の中、

アスファルトを打ちつける水の音を穿つ

ピィーーーという音が聞こえて来る。

kue putu(クエ プトゥ)売りだ。


kue putuは

米粉を竹筒で蒸したお菓子だ。

米粉はタコノキといわれるパンダンの葉エキスで

香りづけされ

そして鮮やかなミントグリーン色に染まっている。

その中に溢れんばかりの

とろりとした黒蜜のような椰子砂糖が入っている。

仕上げにココナッツの果肉をおろしたものを

ふりかける。


シャクシャクとしたココナッツと

米粉のもちもち食感、その中から現れる

甘い砂糖密。

あー恋しいな。


ジャワの好きな食べ物は色々あるけれど

このおやつは味と香りもさることながら

音も共に思い出されるのです。



たっぷり砂糖密が染み出してますね。




kue putu売りおじさんの黄色のレインコートが素敵でした。



ヘルメットも黄色やね。



2006年12月29日